人気精力剤の比較・ランキング【マカ編】

暑いのはイヤだけど女性の谷間やナマ足、ナマ脇が見放題、だからやっぱり夏が好き!

こんにちは!
悩める中高年の味方、メンズナビ調査隊の中の人です!

大好評だった前回のくらべてみましたシリーズ!今回はマカ編でお送りしたいと思います。

今回はマカ

今でこそランペップクラチャイダムなどの神成分の登場ですっかり目立たなくなってしまいましたが、過去には精力成分=マカとまで言わしめた時代があったほど、誰もが知ってるほどの有名な成分ですよね!

そこまでメジャーどころともなると、さすがにそのマカを主成分にする精力剤も多いこと多いこと(汗)

初めておち○この悩みを抱えると真っ先に買ってしまいがちなのがマカ商品ではないでしょうか!

思い返せば、私も初めて買った精力剤はとある大手のマカの精力剤だったなぁ……。

もちろん、その商品ではうんともすんともの踏んだり蹴ったりだったので、今回は比べてみましたの対象には入れていません(怒)

と、まあ前置きはさておき、早速行っちゃいましょう!

徹底比較シリーズ!マカ編スタートです!

マカ選びのポイントは?

広大な自然

一言でマカ、マカと言ってもマカって何?って話です。

よく精力剤の販売サイトでは「インカの時代から栽培されていて、過酷な環境でも育つマカは、栽培される過程でその土壌の栄養素をことごとく吸い上げ、その土地を数年間不毛の地にしてしまう」なんてお決まりの説明を良く目にします。

しかしこれはこれで本当の話でマカが栄養を蓄える過程で、土壌の栄養分を吸い取ってしまうからだそうです。

そのため、原産地ではマカを栽培したあとは5~6年ほど土地を休ませて、再び土壌に栄養が行き渡ってから栽培を再開するという方法が取られています。

さらに調べてみると、ビニールハウス栽培など育ちやすい環境で育ったマカと、ペルーやアンデス地方のキビシー環境で育ったマカとでは含まれる栄養素が全っく違うようです。

マカは光合成によって栄養素(炭水化物、タンパク質、アミノ酸、ミネラル)を作り出します。

これを「一次代謝産物」と呼ぶそうですが、キビシー環境で育つマカは外敵(植物の育つ環境など)から身を守るために、「一次代謝産物」を元にマカ自体の体内で新たな栄養成分を生み出していくんですね。

これが「二次代謝産物」と言われ、マカの最大の栄養素で、育った環境によって量や質が変わって来ると言われています。

つまり「温室育ちのおぼっちゃま君」と「雑草育ちの努力家君」とでは大人になってからのステータスに大きな差が出る!まさに人間界の摂理と同じですね。
マカ商品を選ぶ際は栽培方法や製造方法、さらには品質、このあたりがくらべるポイントになりそうですね。

マカに含まれる栄養分をおさらい!

「アンデスの女王」とも呼ばれ、滋養強壮や生殖機能や持久力強化のための男性の活力源の代表ともいわれるマカの栄養素をおさらいしてみよう!
マカの栄養

カルシウム 生命活動の中心的役割
鉄分 エネルギー生産に重要
亜鉛 精子の素
サポニン 毛細血管の血流のお助けマン
アルギニン NO生成で血流をサポート
アスパラギン酸 スタミナアップの立役者
BCAA 筋肉生成や疲労回復のエキスパート

マカには9種類ある必須アミノ酸のすべて含まれていて、精力増強の他にも女性でいえば冷え性改善や、ホルモンバランスや自律神経の調整による生理不順や更年期障害にも効果が期待できます。

マカは男性のみならず、女性にも非常に親しまれるスーパーハーブなんです。

マカを主成分にする精力剤の代表格はこの3種!!

マカサプリ3種

今回はこの3種で比較してみようと思います。

精力剤ランキングでもかなりの頻度で見かけ、マカと言えば代表される常連サプリでですね。
ではさっそく比べてみましょう!

マカサプリ比較表

マカサプリの比較表

第1位 凄いマカ

すごいマカ

通常価格 6,600円(税込)
定期価格 1,000円(税込)
3ヶ月続けた場合の一日当たりのコスパ 143円
品質管理 高品質の証」「世界が認める高品質」ともいわれるモンドセレクションで2014年金賞受賞・有機JAS認定
アフターフォロー なし
おすすめポイント 有機マカ100%使用・マカ含有量53,000mgはダントツ・吸収率に優れる超微粒子加工
残念ポイント 初回こそは購入しやすいが二回目目以降は約6,000円とマカサプリでは高額な方。にもかかわらず、返金保証がない。

総合評価

なんとも当たり前すぎる商品名に逆にインパクトを感じるネーミング。

ネーミングに劣らず、商品概要もかなりパンチ力があり、有機マカ100%で一切の添加物なしというのは高評価。

さらに含有量も53,000mgとずば抜けており、まさに名前に偽りなしといった印象。

最も重要な製造方法も、超微粒子加工でマカの良さを活かしつつ、吸収率に最大限に気配りされている。

品質に関しても有機JAS認定とモンドセレクション2014年金賞受賞の実績は申し分ないだろう。まさにベストオブマカの称号にふさわしい1品です。

すごいマカサイトはこちら

第2位 サントリーマカ 冬虫夏草配合

サントリーマカ

通常価格 5,940円(税込)
定期価格 約5,346円
3ヶ月続けた場合の一日当たりのコスパ 178円
品質管理 サントリー自体が原産国ペルーまで出向き、素材選びから製造まで自社工場で徹底した品質管理を実施
アフターフォロー なし
おすすめポイント 濃縮マカエキス末・マカの原産地は本場ペルー
残念ポイント 添加物・飲みづらさや独特の匂い

総合評価

ひと昔前まではまさにマカと言えばサントリーのマカと言われるほどに販売実績ではダントツのベストセラー商品。

口コミや体験談でも評価は高いことから効果や効能に関しても安定した印象。

一度購入した人のリピート率からみても確かな効果を期待できるだろう。

マカの原産地は本場ペルーで配合量も濃縮マカエキス末200mg/日で予測値6,000mgとかなりの高配合。

配合量自体は1位の凄いマカには完全に見劣りするが、濃縮マカエキス末は通常マカ末の20倍と考えれば12,000mgにも値する。

ただ、本商品には添加物や飲みづらさが懸念されていて2位と評価しました。

サントリーマカ公式サイトはこちら

第3位 マカエンペラー

マカエンペラー

通常価格 7,344円(税込)
定期価格 3,672円(税込)
3ヶ月続けた場合の一日当たりのコスパ 204円
品質管理 GMP、HACCP、有機JASすべての認定を取得している国内工場で生産
アフターフォロー なし
おすすめポイント マカ末よりも吸収率の良いマカエキス末
残念ポイント 添加物が含まれている・マカ含有量も不明

総合評価

マカエンペラーと聞いて一番に思い浮かぶのはイメージキャラクターが超有名AV女優の明日香キララさん。

そのイメージ戦略が功を奏してか、売上、人気は3種の中でも最も好調な本商品。ただし商品的に見れば、上位2種からは若干引けをとる印象。

マカの含有量や原産地が表示されていない点や、添加物を含む点、アフターフォローに欠ける点が大きく評価を下げてしまいました。

ただし、使用しているマカの製造方法が通常のマカ末よりも吸収率の良いマカエキス末であることは評価に値します。

まとめ

元祖精力成分のマカ。精力剤の中でも最も商品の種類の多い成分のひとつではないでしょうか。

一言でマカと言っても原産地や製造方法によって全然違うんですね!最後に一点おさらいです!

マカ選びのポイントは栽培方法と製造方法!安易に〇〇産だからと喜ばず、安易に含有量だけを見ず製造方法にこだわる!

効果がないとよく言われているマカ商品の特徴として、マカ末を使用しています。

マカ末は吸収力に劣り、どれだけ含有されていても吸収されず体外に排出されてしまったのでは全く意味がありません。

必ず選ぶ際にはマカエキス末を原料にしている商品を選びましょう。これがマカ選びのコツです。

比較的精力剤中ではお値段もお手頃価格で手に入るため、一見気軽に購入しやすいところもありますが、どうせならしっかり効果のあるものを選びたいですね!

それではわれら、同世代のみなさん!

健康に安全に効率よくボッキングを目指しましょう!

次回もお楽しみに!

※本掲載に関する感想は個人のものであり、 効果効能を保証するものではございません。
当サイトに掲載されているコンテンツ(文章、図表、画像、写真等)を無断で転載する行為(ダウンロード、複製、再出版、アップロード、掲示、伝送、配布等)はご遠慮ください。

サイト内検索
人気精力剤ランキング
  • 1.ペプチア
  • 2.プロキオン
  • 3.クラチャイダムゴールド
  • 4.エディケアEX
  • 5.レッドドラゴン
ペプチア
1位ペプチア

専門医師の監修による特許成分・特許配合の実績と信頼性

低価格
信頼性
安全性
口コミ多数
特許成分
返金保証
お試しあり
送料無料
プロキオン
2位プロキオン

厚労省認可の指定医薬部外品

信頼性
安全性
口コミ多数
特許成分
返金保証
お試しあり
送料無料
クラチャイダムゴールド
3位クラチャイダムゴールド

クラチャイダムの強力活力パワー配合

信頼性
安全性
返金保証
お試しあり
送料無料
エディケアEX
4位エディケアEX

大手製薬会社が手がけるピクノジェノール配合サプリ

信頼性
安全性
口コミ多数
お試しあり
送料無料
レッドドラゴン
5位レッドドラゴン

特許配合とコスパの良さが魅力

低価格
口コミ多数
特許成分
返金保証
お試しあり
送料無料

よく読まれている記事
新着記事
カテゴリー


TOPへ