精力剤ペプチア体験レビュー!30代メンズが徹底検証した結果……?

今回メンズナビ調査隊として新たに加入したRYOと申します。

メンズナビ調査隊としてやるべきことといえば……やっぱり「精力剤のレビュー」
これ以外ないでしょ!
私RYOは現在35歳、いよいよ「若者」とは呼べない年齢に差しかかってきました。

気持ちだけは永遠のティーンエイジャーな私ですが、身体の方は嘘をつけません。
アソコの方も、昔に比べて随分しおらしくなってきたように思います。
ムフフなお店に行っても、持久力や勃起力に衰えを隠せず満足のいくまで楽しめなくなってきました。

そんな私が今回モニターとして今話題の精力剤「ペプチア」を2ヶ月間、体験してみることになりました!
オラ、なんだかすごくワクワクしてきたぞ……。

ペプチアで勃起力改善を図る!

ペプチア体験さて、手元にはペプチア。

恐る恐る(?)袋を開封して錠剤を手に持ってみた、その第一印象は

思ったより小さいな

といった感じ。

1日6粒も飲むなんて面倒だな……と正直思っていましたが、1度で3粒くらい軽く流し込めるサイズなので、これはイケそうだ!

鼻に近づけて嗅いでみるとなんともいえない独特のニオイがありますが、普通に飲む分には全く気にならない程度の僅かなものです。

そもそも、精力剤をわざわざ嗅ぐ人間は私くらいのものでしょう。(笑)

ペプチア体験1~7日目【始まりの一歩】

さて、ここから待望の(?)ペプチアライフが始まるぜ!
というわけで、1日目は朝食・昼食・夕食の後に2粒ずつ飲んでみた。

ペプチア

朝食と夕食は自宅で一人でとるので問題ないとして、昼食は職場の同僚と一緒なので
「お前、何飲んでんの?」
と不審がられました。(笑)

でもペプチアのパッケージは普通のサプリと何ら変わらないものなので、「ただの健康サプリだよ」と答えると特にそれ以上つつかれることはありませんでした。
流石に、「シナシナのムスコを元気づけるために精力剤飲んでんだよ!」と正直に白状する勇気はありません。(笑)

そんなこんなで1週間、ペプチアライフを過ごした私ですが、その時点では特に効果は感じられませんでした。
バイア○ラみたいにすぐに効くのを期待しただけにちょっとガッカリ……。

しかし朝の目覚めが良くなるという、まさかの副産物を得ることになり少し嬉しいRYOでした。

ペプチア体験8~15日目【復活の男根】

2週間目に突入。
この時点では、少なくとも自覚できるほどの効果は感じられていない。

まさか……騙されたか?

早くも疑心暗鬼になりつつあった私でしたが、ある日同僚から風俗に誘われた時にその疑念は解消されることに。
確かペプチアライフを初めてちょうど10日目くらいだったと思います。

仕事の疲れも溜まっていたので最初私はあまり乗り気ではありませんでしたが、「だからこそ遊ぶのだ」という有無を言わさぬ同僚の強引な誘い(もとい拉致)によって、夜の街へと繰り出すことに。

歓楽街

こうなったらペプチア先生の効果とやらを見せてもらおうじゃないか。

自慢じゃないが、私は30歳を過ぎたあたりから風俗でどんな美女とお手合わせしても、最後までイケないことが珍しくない。
そんな私の不甲斐ない愚息が……この時は迅速に臨戦態勢に入り、そしていとも容易く発射に至ったのだ。
10代の頃の力強さにはまだ及ばないものの、確かにペプチアの効果があったのだ!

一瞬でもペプチアを疑った自分を恥じながらも、その時の久方ぶりの快楽に感動した私はペプチアライフを継続することを決意。

ペプチア体験16~30日目【幸福なビンビン生活】

気が付けば、「食事を摂る」→「ペプチアを飲む」のサイクルが当たり前の日常になっていました。
もうペプチア無しでは生きていけない身体に……。

というわけではありませんが、最初は少し面倒に感じたペプチアを飲むルーティンも特に何も感じなくなりましたね。
そしてこの頃から更に明確な身体の変化が現れはじめました。

一つは、健康な男子の証である「朝勃ち」が起こるようになったこと。
恥ずかしながら、私は随分長いこと朝勃ちとは無縁の生活を送っていました。
朝起きた時に股間に立派なテントが張ってある、その光景を見た時は、まるで子供が初めてよちより歩きをした時の親の心境でしたね。
(※RYOは独身貴族です)

勃起イメージ

そしてもう一つは、「明らかに精子量が増えたこと」です。
ペプチアを飲む前は文字通りスズメの涙程度だった私の精子量が、いつの間にか大増量キャンペーンを開始していました。
正直、「こんなに出して大丈夫か?」と不安になるくらいに。

これもペプチアの効果か……。

現役専門医師監修の精力剤、その看板に偽りなしといったところでしょうか。
丁度ペプチアの袋が底を尽きる頃ですが、既に次のペプチアの注文は済ませてあるから問題なし!

ペプチア体験31~45日目【飽くなき精力への探求】

ペプチアライフを初めて早一ヶ月。
この頃になると安定期に入ります。

「ムスコが固くなる」「持久力が増す」「精子量が増える」といった効果が一通り現れた後は、特にこれといって変化は感じられません。
というか、これ以上何の効果を求めるのかといった感じですね。(笑)

ただ、ペプチアの底力はこんなもんじゃないだろう?
ということで、私は1日3回の「自慰」にチャレンジしてみることに。

私はペプチアを飲む前、週に1回のペースで自慰をしていました。それも、ムラムラしたからではなく作業的なものでした。
時にはそのペースですら億劫に感じられるほど、活力を失っていたんです。

ペプチアを飲み始めてからは「オトコの喜び」を思い出し、1日1回のムラムラタイムが訪れるようになり自慰の習慣も定着しました。
ただ、1日3回というのは若い頃も体験したことがない未知の領域……。
私のムスコは耐えられるのだろうか?

発射!

残念ながら、2回目で力尽きてしまいました……。
でも、逆にいえば2回も発射できたということ!
週に1回が限界だった私からすれば偉大過ぎる進歩といえます。

高校野球の補欠がメジャーリーガーになったようなものでしょう!

そんなわけで、まだまだ伸び代アリと判断してペプチアライフを継続します。

ペプチア体験46~60日目【そして伝説へ…】

気が付けばペプチアライフを始めてから2カ月が経とうとしています。

日々のノルマとして課していた「1日3回の自慰」も達成できるほどに私のムスコは逞しく成長しました。
普通、自慰をした後って身体がヘトヘトになって何もやる気にならないじゃないですか?
しかしこれもペプチアの効果なのか、常に元気が有り余っている感じがします。

流石に3回目の自慰の後は割とクタクタですけどね……。(笑)

あと、風俗遊びが楽しくて仕方ない!

風俗嬢ではなくパートナーがいればもっと楽しいんでしょうけど、流石にペプチアを飲むだけで嫁や彼女が見つかるなら苦労はないですね。
しかし、オトコとしての自信を完全に取り戻すことができた今、女の子に対しても積極的になれる気がします!

サンキューペプチア!
フォーエバーペプチア!


というわけでペプチア2ヶ月検証はこれにて終了!

ペプチア完食
▲全部飲んだぜ!▲

ペプチア体験・感想まとめ

正直言って私は最初精力剤の効果に対して半信半疑でした。
ペプチアに関しても、「医師が開発を監修? だからどうした」というのが本音だったんです。

今回メンズナビ調査隊の一員としてペプチアを譲り受けたため、「駄目で元々」という心持ちでチャレンジしました。
しかし結果的には、私の予想を良い意味で完全に裏切ってくれましたね……。
検証途中も一度ペプチアの効果を疑っていた私ですが、あっさり手の平を返してしまいました。(笑)

開発を監修したという専門医師・小林知広先生にありがとうと言いたい、今はただそんな気持ちでいっぱいです。

最後に今回のレビューをザックリとまとめます。

  • 01~07日目…勃起力の改善はまだ見られない。何となく体調が良くなる。
  • 08~15日目…性的な刺激によって、かつての勃起力を発揮。
  • 16~30日目…ムラムラ感を取り戻す。朝勃ちの復活。精子量が明らかに増える。
  • 31~45日目…安定期に入る。持久力の強化を実感する。
  • 46~60日目…男としての自信を取り戻す!
  • 今後は自腹を切ってペプチアを続けていこうと思います。

    追記

    彼女
    ※画像はイメージです※

    ペプチア2ヶ月検証を終えた時点では相変わらず独身ライフを満喫していたRYOですが、ペプチアで男の自信を取り戻せたおかげか、数年ぶりに彼女をゲットすることに成功!

    男は股間が弱ると心も弱る、逆にいえば股間が強くなれば心も強くなれる。
    心が強くなった男には、女の子は自然と惹かれついてくる!
    それを改めて実感させられました……。

    さてペプチア飲んで精力がアップして、彼女ができたとなれば、することは一つしかないよなぁ……。
    ただし今回は割愛します。(笑)

    機会があればまた当メンズナビ調査隊でお話したいと思いますので、今日はこの辺で……。

    ※本掲載に関する感想は個人のものであり、 効果効能を保証するものではございません。
    当サイトに掲載されているコンテンツ(文章、図表、画像、写真等)を無断で転載する行為(ダウンロード、複製、再出版、アップロード、掲示、伝送、配布等)はご遠慮ください。
    
    サイト内検索
    ピックアップ!
    【公式】専門医監修・ペプチア
    よく読まれている記事
    新着記事
    カテゴリー

    TOPへ