精力剤を選ぶ上で知っておきたい、おすすめ成分12選!【効果解説】

精力剤のおすすめ活力成分13選

現在、日本国内には約2,000万人ものED(勃起不全)患者と、及びその予備軍がいるとされています。

EDはパートナーとの関係性を悪化させるだけでなく、様々な病状の前兆ともいわれており、全ての男性にとって他人事では済まされない問題です。

そんな問題を抱えている男性におすすめしたいのが精力剤。

精力剤には男性機能の向上に役立つ様々な成分が含まれており、毎日継続して飲み続けることでEDや精力減退を改善させることが可能になります。

とはいえ、一口に精力剤といっても多種多様。含まれている成分も多岐に渡ります。

精力剤を選ぶ上で非常に重要となる「成分」の知識を、当記事でしっかり身につけておきませんか?

精力剤に含まれる成分とは?

精力剤について

「精力剤」と聞くと、いかにもアヤシイ成分や材料がふんだんに含まれているように感じるかもしれませんが、実は至って普通の栄養機能食品に過ぎません。

普段の食事で何気なく摂取している天然由来の成分をメインとしたサプリなのです。

一般のサプリと違うのは男性機能の改善と向上に特化した成分バランスで配合されているという点。

日頃の食生活で不足しがちな活力成分を補ってくれるのが、精力剤の役割といえるでしょう。

ただ、精力剤にも色々な種類があり、配合されている成分もメーカーごとの特徴があります。

男性機能の改善と向上を目的としているという点では同じですが、やはり配合されている成分によって効果効能も違ってくるので、慎重に選ぶことが重要です。

病院で貰える治療薬との違いは?

バイアグラ・レビトン・シアリス……。

EDに悩まされている方なら、一度はその名前を耳にしたことがあるかもしれません。

これらは医師の診断によって処方される「ED治療薬」と呼ばれるものですが、精力剤との違いはどういったものなのでしょうか?

一時的な処置か、永続的な改善か

精力剤とED治療薬の大きな違いは「目的」です。

精力剤は、男性機能の低下や性欲の減退などの様々な原因を根本から改善し、永続的な精力の向上を図るためのサプリとなっています。

対するED治療薬は、一時的に勃起しやすい身体にするのが目的で、即効性は非常に高いものの服用を辞めれば元通り勃起もできなくなってしまいます。

例えば「今夜、久々に妻をベッドに誘おう!」という時は、すぐに確実に効果が現れるED治療薬を飲むのがいいかもしれません。

ただ、定期的な妻との夜の営みを大事にしていきたいのであれば、精力剤で体質の改善を図る必要があるでしょう。

▼ED治療薬と精力剤の違いに関する詳しい記事はこちら

男性機能に働きかける効果

確かに、バイアグラやレビトンといったED治療薬は即効性も確実性も高く、すぐに勃起できる身体にしたい時はまさに効果てきめんといえます。

しかし、逆にいえば勃起力の向上以外の目立った効果は得られないのも事実です。

精力剤には勃起力の回復の他に、性欲の向上精子量の増加といった、男性機能にまつわる様々な効果が見込めますが、ED治療薬にはこれがありません。

なので、基本的にED治療薬は「その場しのぎ」「応急処置」といった認識で服用するのが無難でしょう。

副作用のリスクの有無

最後が、副作用等のリスクの有無です。

ED治療薬は医薬品なので、即効性が高い反面副作用のリスクはどうしても付きまとってしまいます。

実際に、頭痛や動悸といった体調不良を訴える方もいますし、非常に稀とはいえ死亡事故につながったケースもあるので、服用する際には細心の注意を払う必要があります

一方で精力剤は、先ほどもお話した通り医薬品ではなく健康食品であり、用いられている原材料も天然由来のものが大半です。

普段の食事でも摂取できる栄養成分を「補助」しているに過ぎないので、副作用のリスク・危険性はほとんどありません。

治療薬の副作用は、他の薬剤との飲み合わせによって起こることも多いので、特に高齢の方など普段から薬を服用している方は、安全面も考慮して精力剤にした方がいいでしょう。

精力剤のおすすめ成分12選

それでは、次に精力剤に含まれる成分について詳しく解説していきましょう。

世の中には様々な精力剤が商品として売り出されていますが、「どの精力剤を選べばいいんだろう?」と迷った時に最初に注目しておくべきポイントが「配合されている成分」です。

男性機能の向上に効果的な成分は様々ですが、その中でも特に有効とされている成分をランキング形式でご紹介したいと思います!

1.ランペップ

鶏卵のランペップ

ランペップは株式会社ファーマフーズによって開発された機能性卵白ペプチドで、卵白を特別な酵素で分解し吸収率を高めたものです。

男性機能を飛躍的に高めてくれる有効成分として注目されています。

コレステロール成分がほとんど含まれないため、生活習慣病等の問題を抱えている男性でも安全に摂取できる点も大きな魅力。

ランペップの効果効能と推奨摂取量

ランペップにはNO(一酸化窒素)を血管内で分泌させ、血管を拡張させることで血流を促進させる作用があります。

ED(勃起不全)は陰茎の海綿体に十分な血液が送りこまれないことで起こる病状ですが、この血流促進作用によって勃起力の回復と向上が見込めます。

また疲労を軽減・回復させる作用もあり、さらにエネルギー源としても大きな働きを見せてくれるので、勃起の持続力も高まります。

一日の推奨摂取量は、成人男性で500mgとされており、精力剤を選ぶ際の目安・基準にするといいでしょう。

ランペップに関する詳しい情報はこちら

2.マカ

マカ

マカは南米のペルー原産の多年生植物で、はるか昔の時代から貴重な滋養強壮食として親しまれていました。

別名「アンデスの女王」とも呼ばれるこのマカは、大地の栄養を根こそぎ吸収し尽くしてしまい、一度マカを収穫した土地はもう使えなくなるといわれるほどです。

各種ビタミンやアミノ酸、カルシウムや亜鉛など20を超える栄養成分がふんだんに含まれており、現在でも男性機能の向上に欠かせない食材として多くの精力剤に用いれられています。

マカの効果と推奨摂取量

マカには疲労回復や滋養強壮の効果があり、加齢によって衰えた体力を改善させてくれます。

そしてランペップと同様にNOの生成による血管の拡張作用によって、血行を促進させ勃起を強力にサポートしてくれます。

また、通常のマカをさらに濃縮し吸収効率を高めた「MACAXS®(マカックス)」と呼ばれる成分が近年注目を集めており、それを主成分として配合された精力剤も発売されています。

通常のマカの1日あたりの推奨摂取量は約3,000~5,000mgとされていますが、MACAXS®の場合は200~250mgで十分です。

マカに関する詳しい情報はこちら

3.亜鉛

亜鉛

「セックスミネラル」の異名で呼ばれる亜鉛は、男性機能の向上と維持に欠かせない成分です。

亜鉛といえば牡蠣(かき)やホタテ等の貝類のイメージが強いかと思いますが、そのほかにも豚レバーや牛肉にも含まれています。

男性機能に限らずヒトが健康に生きていくために重要な成分ですが、体内で生成することができないため、食事で補わなければなりません。

亜鉛の効果と推奨摂取量

亜鉛の主な効果効能は「男性ホルモンの活性化」です。

男性ホルモンの中でも特に精力との関係性の高いのがテストステロンですが、亜鉛にはこのテストステロンの分泌を促してくれる作用があります。

これによって「性欲の高まり」「精子の量の増加と質の向上」といった効果が期待でき、男性不妊の解消にも役立つといわれているのです。

そんな亜鉛の推奨摂取量は1日あたり8~10mg。亜鉛は過剰摂取すると健康被害が生じる可能性があるため注意が必要です。

亜鉛に関する詳しい情報はこちら

4.ピクノジェノール

松の木

ピクノジェノールは、フランスの海岸部に生息する松の木の樹皮から抽出したエキスで、強力な抗酸化作用があることから精力成分としてだけでなく、美容成分としても注目されています。

ただ、1,000kgの樹皮から1kgしか抽出されないという非常に貴重な成分のため、このピクノジェノールを採用した精力剤はあまり多くないのが現状です。

ピクノジェノールの効果と推奨摂取量

ピクノジェノールは単体でも抗酸化作用によるアンチエイジング効果で、劣化した血管細胞を若々しく蘇らせ、その結果スムーズな血流による勃起力の向上が見込めます。

しかし、このピクノジェノールが真価を発揮するのは、後述する「アルギニン」と一緒に摂取した時です。

アルギニンの持つNO(一酸化窒素)の生成作用がより増幅され、さらに「硬さ」と「持続時間」を両立した勃起が可能になるというもの。

そんなピクノジェノールの1日あたりの推奨摂取量は50~100mg

多量摂取による健康被害の報告は今のところ無いようですが、なるべく摂取量を守るようにしましょう。

ピクノジェノールに関する詳しい情報はこちら

5.ムイラプアマ

ムイラプアマ

ムイラプアマはアマゾン等の熱帯地域の森林に生息する植物の一種で、「天然バイアグラ」と呼ばれることもあるほどに、その男性機能への効果の高さがささやかれています。

実際に、ED患者による臨床実験によってその有効性は実証されており、精力剤やメンズサプリだけでなく一般の医薬品にも用いられることがあります。

ムイラプアマの効果と推奨摂取量

ムイラプアマは大昔から「抗うつ」の薬として使用されており、自律神経の働きを正常に戻したり、疲労感や倦怠感の解消に大きな効果があるとされています。

また、催淫作用によって性欲が高まる効果もあるとされ、性に対して積極的になれない方にもおすすめの成分といえるでしょう。

ムイラプアマの推奨摂取量については明確なデータ等はありませんが、通常の精力剤に含まれる程度の量であれば副作用等の心配はありません。

ムイラプアマに関する詳しい情報はこちら

6.アルギニン

アルギニン

アルギニンは多くの精力剤に含まれているアミノ酸の一つで、成長ホルモンの生成と分泌に欠かせない成分といわれています。

男性機能の向上に限らず、疲労の回復や免疫力のアップなど、日々の健康を維持する上で非常に重要な役割を担っています。

体内ではほとんど生成されないため、食事やサプリで補助しなければ不足してしまいます。

アルギニンの効果と推奨摂取量

精力成分としてのアルギニンの働きは、主に「血行の改善」です。

マカやランペップと同様に、血管内にNO(一酸化窒素)を生成する作用があり、これによって血管を拡張して陰茎への血流を促して勃起力アップが見込まれます。

この効果は、前述の「ピクノジェノール」との同時摂取によって更に効果が増幅され、よりED治療の確実性を高めることができます。

また、「精子の活動の活性化」もアルギニンの主な効果効能で、男性の不妊治療の際にもアルギニンの摂取を勧められることも多いです。

そんなアルギニンの1日あたりの推奨摂取量は2,000~4,000mgです。

アルギニンに関する詳しい情報はこちら

7.ガラナ

ガラナ

ガラナはアマゾン川の流域に多く生息する植物で、ミニトマトに似た果実が特徴となっています。

コーヒーの数倍ものカフェインを含んでおり、高い抗酸化作用と覚醒作用をもちます。

様々な健康サプリで原料として使用されている成分ですが、精力剤においては補助的な役割を担う立場であることが多いです。

ガラナの効果と推奨摂取量

ガラナに含まれるガラニン・カフェインの作用によって、心臓のポンプ機能を高めて血流量を増やすことで勃起力の向上をサポートしてくれます

また、カフェインの効能は交感神経の活性化という形で発揮され、アドレナリンを分泌させて持続力や運動能力のアップという効果も見込めます。

直接的に精力を改善させるというものではありませんが、他の精力成分との組み合わせて「中折れ」や「精力の減退」といった問題の解決につながります。

1日あたりの推奨摂取量は特に定義されていませんが、目安としては200~600mgの範囲内が無難でしょう。

8.トンカットアリ

トンカットアリ

トンカットアリは主に熱帯雨林で生息する植物で、特に東南アジアに多く自生しています。

遥か昔から性機能の改善を目的としたハーブとして愛用されてきた植物ですが、栽培が非常に難しいため基本的には野生のものが用いられています。

強い苦味があるため、基本的にはサプリとして摂取されることがほとんどです。

トンカットアリの効果と推奨摂取量

トンカットアリにはホルモンバランスを整える作用があり、身体的・精神的な疲労感を軽減したり、持久力を高めたりといった効果が見込めます

また、男性機能に大きく関わるホルモン・テストステロンの分泌を促進し、性的興奮を増幅させてくれる効果もあります。

根本的な男性機能だけでなく、ストレスによる性欲の減退にも悩まされている方におすすめの成分といえるでしょう。

そんなトンカットアリの1日あたりの推奨摂取量は200~300mgとなっています。

9.クラチャイダム

クラチャイダム

クラチャイダムはタイ原産の植物で、ショウガの仲間の一つです。

その果肉の色から「黒ショウガ」「ブラックジンジャー」とも呼ばれ、活力成分として多くの精力剤に用いられています。

男性向けサプリだけでなく、女性向けの美容・ダイエットサプリにも含まれることが多いのも特徴です。

クラチャイダムの効果と推奨摂取量

クラチャイダムには豊富なアルギニンが含まれており、その含有量は一般のマカの数倍ほどといわれています。(アルギニンの効能は前述を参照)

また、勃起障害や排尿障害の原因となるホスホジエステラーゼ5と呼ばれる酵素の働きを軽減する作用もあります。

そんなクラチャイダムの1日あたりの推奨摂取量は1,000~1,500mgです。

10.バイオペリン

バイオペリン

バイオペリンは黒コショウの果実から抽出したエキスの名称で、アメリカのサビンサ社によって開発された「特許成分」として話題を集めています。

主にダイエットサプリに用いられる成分ですが、男性機能の向上を目的とした精力剤にも有効なはたらきを見せてくれます。

ちなみに、成分表では「黒コショウ抽出物」「ピペリンエキス」と表記されることもあります。

バイオペリンの効果と推奨摂取量

バイオペリンの主な効能は「代謝の活性化」による栄養吸収効率の向上です。

これはバイオペリンの元となる「ピペリン」と呼ばれる成分によるもので、同時に摂取した様々な栄養成分の吸収を促進させ、効果を増幅させるはたらきを見せてくれます。

精力剤に含まれる成分の「勃起力や持続力の向上」「精子量の増加」といった様々な効果が、このバイオペリンによって更に促進されるという夢のような成分なのです。

ただ、単体ではそれほど大きな精力改善効果は見込めないため、あくまで補助的な役割と見ておく方がいいでしょう。

そんなバイオペリンの推奨摂取量は、1日5mgと公表されています。

バイオペリンに関する詳しい情報はこちら

11.高麗人参

高麗人参

高麗人参は中国や韓国を原産する食材で、古くから滋養強壮効果のある生薬として重宝されていました。

「御種人参(オタネニンジン」」「朝鮮人参(チョウセンニンジン)」とも呼ばれます。

他の薬効を強くするはたらきもあるとされ、漢方薬や精力剤にも広く用いられています。

高麗人参の効果と推奨摂取量

高麗人参にはジンセノサイドと呼ばれる13種のサポセンが含まれており、これが各種アミノ酸やタンパク質と合わさることで「精子量の増加」や「性欲の高まり」といった効果が発揮されます。

また、末梢血管を拡張して血流をスムーズにするはたらきもあるため、ED改善への効果も実証されています。

そんな高麗人参の1日あたりの推奨摂取量は1,500~3,000mgが目安とされています。

12.オルニチン

オルニチン

オルニチンとはアミノ酸の一種で、シジミに多く含まれることで広く知られている成分です。

しかし、実はシジミよりもエリンギ、シメジ、マイタケといったキノコ類の方がオルニチンの含有量は多くなっています。

二日酔いの防止や疲労回復効果、美肌効果などが期待できる成分ということで、精力剤に限らず多くのサプリに使用されています。

オルニチンの効果と推奨摂取量

オルニチンには肝機能の修復という効果があり、お酒を飲んだ後の二日酔いを防ぐサプリの広告で名前を聞いたことがある方もいるでしょう。

肝機能が低下すると、男性機能の源である「亜鉛」を消費してしまいます。

つまり、オルニチンに直接的な精力への効果は無いものの、精力の減退を防ぐという意味で非常に重要な成分といえます。

また、オルニチン自体に滋養強壮効果もあるので、持続力の向上も見込めるでしょう。

オルニチンの1日あたりの推奨摂取量は2,000~6,000mgですが、多量に摂取しても健康被害につながることはほとんど無いようです。

まとめ

今回は、精力剤を選ぶ上で参考にしたい12種類のおすすめ成分をご紹介しました。

もちろんこれらの成分が含まれているからといって100%の効果が保証されるわけではありませんし、体質や体調による個人差もあります。

しかし、世の中には精力剤とは名ばかりの単なる栄養剤や、中には含有成分すら不明な怪しい商品が数えきれないほどあります。

それぞれの成分の特徴・特性を理解していれば、「どの精力剤が信用できるか」「自分の抱える問題にマッチしているか」をある程度判断できますし、劣悪な商品に騙されることもないでしょう。

また、当サイトでは効果効能・信頼性・安全性・コスパといった観点から見た2019年最新版おすすめ精力剤ランキングも発表しています。
こちらも是非、参考にしてみて下さい!

関連記事

値段・コスパで選ぶ精力剤ランキング~お得で安いオススメ精力剤はコレ!~

お金と電卓

精力の衰え、勃起力の低下は全ての男性にとって深刻な問題であり、決して他人事で済まされる話ではありません。 とある統計によると、成人男性の4人に1人が重度もしくは軽度のED、あるいはED予備軍だとされています。 さらに40代以上に絞り込むと、半数近くが「十分な勃起が維持できない」または「そもそも勃起し …

詳細はこちら

EDの予防や改善は食事の見直しから!精力アップに効く食べ物はコレ!

食事バランス

30歳、40歳を超えてくると精力の低下、および勃起不全(ED)に悩まされる方も多いでしょう。 日本では1000万人以上の男性がこのEDを発症している、あるいは予備軍となっているというデータがあり、誰もが他人事で済ませられない問題です。 EDには様々な原因が考えられますが、その原因の一つとして「食生活 …

詳細はこちら

人気精力剤の比較・ランキング【ランペップ編】

鶏卵

こんばんは! 悩める中高年の味方、メンズナビ調査隊の中の人です! これは私の実体験。。 精力剤選びって大変じゃないですか? 「どれもこれも似たような成分で何が良くて何が良くないのかまるでわからない……。」 「同じ成分でも色々な商品があって何を選んでいいのかわからない」 「もちろん、値段が安いのにこし …

詳細はこちら


サイト内検索
人気精力剤ランキング
  • 1.ペプチア
  • 2.プロキオン
  • 3.クラチャイダムゴールド
  • 4.エディケアEX
  • 5.レッドドラゴン
ペプチア
1位ペプチア

専門医師の監修による特許成分・特許配合の実績と信頼性

低価格
信頼性
安全性
口コミ多数
特許成分
返金保証
お試しあり
送料無料
プロキオン
2位プロキオン

厚労省認可の指定医薬部外品

信頼性
安全性
口コミ多数
特許成分
返金保証
お試しあり
送料無料
クラチャイダムゴールド
3位クラチャイダムゴールド

クラチャイダムの強力活力パワー配合

信頼性
安全性
返金保証
お試しあり
送料無料
エディケアEX
4位エディケアEX

大手製薬会社が手がけるピクノジェノール配合サプリ

信頼性
安全性
口コミ多数
お試しあり
送料無料
レッドドラゴン
5位レッドドラゴン

特許配合とコスパの良さが魅力

低価格
口コミ多数
特許成分
返金保証
お試しあり
送料無料

よく読まれている記事
新着記事
カテゴリー


TOPへ