知らないと損する!ランペップが男の活力にもたらす様々な効果

卵白

近年、精力剤の新たな成分として注目を集めているのが「ランペップ」です。
ランペップは体力や精力に強く働きかける有効成分の一つであり、男性機能の回復と向上が見込めます。

加齢やストレス等で勃起力が低下している、またはED(勃起不全)を患っている、持続力がなく途中で萎えてしまう等の悩みをお持ちでしたら、是非ランペップ配合の精力剤を選ぶようにしましょう。

しかし、同じく精力剤の有効成分として知られる亜鉛やマカに比べると知名度は低く、「ランペップなんて聞いたことが無い」という方も多いと思います。
聞いたことが無い成分を信用するのは難しいもの……。
そこで当記事ではランペップの効果・効能、特徴等について徹底解説したいと思います!

そもそもランペップとは何か?

たまごランペップとはズバリ、株式会社ファーマフーズが開発した特許成分です!

同社はタマゴの卵白に機能性タンパク質が多く含まれている点に着目し、独自の技術によって卵白を酵素分解して「卵白ペプチド」を生成しました。
【参考ページ】卵白ペプチド「ランペップ™ 」の特許取得のお知らせ

ランペップには後述する様々な精力アップ効果がある他、マカを併用することで更に効率的に高い効果を発揮することも実証されています。



つまり、精力剤を選ぶならランペップとマカの両方の成分を含んだ商品を選んだ方がいいということですが、その件に関しては記事の最後にご案内しましょう。
まずは気になるランペップの効果・効能について具体的にご紹介します。

ランペップの効果・特徴について

前述の通り、ランペップは卵白から抽出したペプチド成分のことで、男性の精力改善に役立つ様々な効果効能を持ちます。

また、ランペップは卵白のタンパク質を酵素分解して消化吸収力を高めたものなので、普通に卵白を摂取するようも効率的に高い効果を発揮することができるんです。
そんなランペップの効果について一つずつ解説していきましょう。

血流の改善・勃起力アップ

ED(勃起不全)の発症には様々な要因が考えられますが、根本を辿れば殆どが「ペニスへの血行不良」となっています。
ペニスの血行不良は、NO(一酸化窒素)の生産量が減少することで起こります。

通常、NOは男性が性的興奮を感じることで血管内に生成され、それによって血管が膨張して血流が促進させるというメカニズムとなっています。
しかし体力の低下やストレスが遠因となり、このNOの生成が不足すると血管が収縮してしまい、ペニスの海綿体に十分な血液が送れなくなる。
これがEDの主な原因と考えられています。

NO生成のメカニズム


ランペップには、その不足したNOの生成を促して勃起力を高めてくれる効果があります。
本来あるべき勃起のメカニズムを正常な状態に戻してくれる、男性にとって不可欠な成分といえるでしょう。

ちなみに、30歳を過ぎると次第にNOの生成能力が低下してしまうため、「今は大丈夫!」と思っていても早いうちからランペップを摂取して対策を講じておいた方がいいですよ!

疲労回復力の向上

元気な男性精力剤に用いられる主な成分としてアルギニンというものがあります。
アルギニンはアミノ酸の一種で、成長ホルモンの合成を促進したり免疫力を高めたりする効果があります。
また、エネルギー代謝システム(TCA回路)の働きによって、エネルギーを効率良く生み出して疲労回復を早める効果も期待できます。

そんなアルギニンを豊富に含むのがランペップです。
同じく精力剤の材料として広く用いられる「マカ」の6倍ものアルギニンを含有しており、その効果の高さは折り紙つきとなっています。

また、他にもバリン・ロイシン・イソロイシンといった必須アミノ酸も含まれており、同様にエネルギーの生成と疲労の改善に大きく働きかけてくれます。

当たり前といえば当たり前ですが、身体に十分なエネルギーがなければ力強く勃起させることはできませんし、無理に勃起させたとしても長時間それを維持するのは難しいでしょう。
ランペップに含まれる活力成分によって、「いざという時に勃たない」「途中で萎えてしまう」といった悩みを解決することができるんです!

その他様々な健康効果

肩こりの男性以上のようにランペップは男性機能の向上と安定化に有効な成分となっていますが、他にも様々なメリットを身体に与えてくれます。
例えば、前述の血流の改善はペニスの勃起力だけでなく、冷え症や肩こり・むくみといった症状をも軽減してくれます。

また、ランペップには神経伝達物質の基となるトリプトファンが豊富に含まれており、脳や神経の働きを活発にしてくれます。
睡眠障害や不安感の改善・解消の効果があるため、ストレスを抱えていたり不規則な生活を送っている方にも大事な成分といえます。

ランペップは健康被害の心配もなし!

OKサインの医師ランペップは前述の通り卵から抽出した成分ですが、卵といえば気になるのがコレステロール
中には「コレステロール値が高いので医者に卵を控えるように言われていて……」という方もいるでしょう。

しかし! ランペップにはコレステロールは含まれていません。
ランペップ配合の精力剤やサプリをいくら摂取しても、それが原因でコレステロール値が上昇することはないので安心です。

また、卵アレルギーを持つ方がランペップを摂取してもアレルギー症状が起こらなかったという報告もあります。
天然由来の自然成分なので、医薬品のような副作用の心配もありませんし、どんな方でも安心して摂取できる有効成分といえるでしょう。

※ただし念の為、アレルギー持ちの方は専門医に相談の上で摂取するようにしましょう!

ランペップ配合のおすすめ精力剤1位は「ペプチア」

では、ここからが本題です。
男性の精力アップに欠かせない成分の一つ、ランペップを配合した精力剤は枚挙にいとまがありませんが、その中でも一番オススメのものは何かといいますと……。

株式会社ゼンケアが販売するペプチアです!

もちろん、何の根拠もなくペプチアをランペップサプリのおすすめ1位に挙げたわけではありません。
ペプチアはランペップの効果を最大限に発揮するための他の成分、そして安全性と信頼性の高さが大きなセールスポイントとなっているんです!

では、ペプチアとは一体どんな精力剤なのか? その全貌を一つずつ紐解いていきましょう。

専門医師の監修による開発で安全性ナンバーワン

医師・小林知広ペプチアは業界内でも珍しい、専門医師による監修のもと開発された精力剤です。
監修したのは京都ルネス病院でメンズヘルスセンター長を務める、泌尿器の専門医・小林知広先生。

ペプチアは男性の下半身問題を知り尽くしたプロフェッショナルが開発に携わっているということで、数ある精力剤の中でも高い信頼性を誇ります。

ランペップを配合した精力剤は枚挙にいとまがありませんが、その中でも「安心感」という意味でペプチアは非常におすすめとなっています。

ランペップの効果を最大限発揮する「特許配合」

ペプチア特許配合記事の最初でもお話しましたが、ランペップは亜鉛やマカといった成分と一緒に摂取することで、さらに効果・効能を高めることができます。
ランペップに限ったことではありませんが、栄養というのは他の成分との摂取バランスによって吸収率が変わってきますので、「単にランペップが含まれていれば良い」というわけではありません。

そこで今回おすすめしているペプチアですが、ランペップ・亜鉛・マカといった重要な有効成分3つが、最大限の効果を発揮できる配合率で配合されています。

この配合率は特許を取得している「特許配合」となっており、最も高い効果が期待できる黄金比なのです。

ペプチアに含まれる各成分に関しては以下の記事でも詳しく解説しておりますので、そちらもご覧くださいませ!

また、ペプチアには定価の半額以下で始められるお得な体験コースもあります。
興味があれば是非チャレンジしてみてください!
ペプチアの購入について

他のランペップサプリとの比較

実は、ペプチア以外にもランペップサプリとして有名な精力剤があります。
それは株式会社暖生堂の「レッドドラゴン」です!

レッドドラゴンもペプチアと同様に、ランペップやマカ・亜鉛といった有効成分を配合した人気の精力剤ですが、両者の違いを比較してみましょう。
ランペップサプリ比較表

レッドドラゴンもお得な特別価格での体験コースが用意されており、含有成分もほぼ近しいものになっていますが、コストパフォーマンスではペプチアに軍配が上がりそうですね。
また、レッドドラゴンに用いられているのは通常のマカですが、ペプチアに用いられているのは吸収率の高いMACAXS®というマカエキスパウダーです。
よりランペップの効果を得るためには吸収率は非常に重要で、この点もペプチアに軍配が上がるでしょう。

でも、レッドドラゴンの90日間返金保証というのは非常に嬉しいですね!
ただしこちらは定期コース利用者限定なので注意が必要です……。

ランペップまとめ

ランペップは2013年に特許を取得したばかりの、比較的新しい精力成分です。
まだまだランペップを導入した精力剤は多くはないですが、従来の精力剤に比べても効果・安全性の高さで評判を呼んでおり、今後ランペップ配合の精力剤はどんどん増えていくものと思われます。

「今まで色んな精力剤を試したがダメだった……。」
「副作用の心配なく精力剤を試したい!」


そんな方は是非、ランペップ配合のペプチアを試してみてはいかがでしょうか?
ペプチア公式サイトはこちら


サイト内検索
ピックアップ!
【公式】専門医監修・ペプチア
よく読まれている記事
新着記事
カテゴリー

TOPへ